お洒落に見せようと色を多く使うのは危険!基本的な色使いのルールを学ぶ

色使いで失敗しない為に、3色までに抑える!


この画像ですが、サイズ感はそこまで間違っていないのに何かおかしいと感じませんか?

ズバリ、色使いが原因です。まず、合計で7色も使用されている上、トーンが合っていないので色の統一感がない状態です。このようにファッション初級者はお洒落にしようと色を多く使いがちですが、色の組み合わせには注意が必要です。

原則、トーンを合わせて、全部で2〜3色になるように色数を抑えましょう。それだけで全体の統一感が生まれ、印象が大幅に変わります。配色の理論を覚え、ワンステップ上を目指しましょう。

逆に1色のみやモノトーンは上級者向けなので避けましょう。

「70: 25 : 5」の法則

ファッションだけではなくウェブデザインなど多くの分野でセオリーとなる配色比率の法則です。「ベースカラーを70%、メインカラーを25%、アクセントカラーを5%」という割合が最もバランスの良い配色比率と言われています。これでも分かる通り、やはり3色配色がセオリーとなります。
70:25:5の法則
ファッションの場合、トップス、ボトムスが大きな面積を占める為、厳密にベースカラー70%、メインカラー25%と考える必要はありませんが、主力は「2色」、更に「1色」をアクセントカラーとして少し加えるというイメージで選びましょう。ファッションでは、このアクセントカラーの事を「差し色」と呼びます。はじめは、主力に黒、白、グレー、ネイビーなどの定番色をベースカラーにし、カラフルな色をアクセントカラーに試してましょう。

色彩についての基礎知識・色相とトーン

3色でコーディネートをする事は分かりましたが、無作為に色を選んでも色の調和がするとは限りません。色の組み合わせにも法則があります。まずは、組み合わせ方を覚える前に、色彩の基礎を学びましょう。

12色相環

12色相環境 色相を環状に配置したもので、色を体系化する時に用いる方法の一つです。美術の時間に習った人も多いと思います。

色を選ぶ際には、12色相環での位置関係が非常に重要になります。といっても、全部覚える必要はなく、ファッションで良く使う「黄」「緑」「赤」「青」の位置を最低限頭に入れておけば良いです。

PCCSトーン

PCCSトーン
参照:日本色研

日本色彩研究所によって開発されたカラーシステムです。明度(色の明るさ)と彩度(色の鮮やかさ)をかけあわせた概念をトーンと呼びます。この図では、上下が明度で、上にいくほど明るく(白)、下にいくほど暗く(黒)なります。また、左右が彩度で、左がくすんだ色で右が鮮やかな色となります。図で分かる通り、彩度と明度の程度によって、トーンのグループがいくつかに分かれています。

ファッションでは、同じグループのトーンになるように色を選ぶことが基本です。いわゆる、これが「トーンを合わせる」という事です。また、季節感を出すために、春・夏は明度が高いトーングループを選び、秋・冬は明度が低いトーングループを選びのが基本です。

色の組み合わせに重要な4つのセオリー

先ほどの12色相環とPCCSトーンを使った配色のセオリーがあるので、ファッションで活かせる理論をいくつか紹介します。最初に、トーンの合わせ方を学び、その後、3色の選び方の基本を学びましょう。

ドミナントトーン配色

ドミナントトーン
ドミナントとは支配的という意味で、トーンを統一(支配)し、色相で変化をつける配色方法です。トーンは同一で、色相は自由に選択できる配色です。ファッションでの基本は、このトーンを合わせる所から始まります。春先などお洒落な人たちがパステルカラーを多用してもバランスが崩れないのは、このドミナントローン配色を利用しているからです。ただし必ず同一トーンにしなければならないわけではなく、隣接・類似トーンから選択しても構いません。

トーンオントーン配色

トーンオンントーン
トーンオントーンとは「トーンを重ねる」という意味です。ドミナントトーンと逆で、色相を統一し、トーンで変化をつける配色方法です。特に、明度差を大きくとることでコントラストを生み、同じような色合いになることを防ぎます。この画像で分かる通り、デニムが重宝されるのは、トーンオントーン配色の理論に基づき、デニムのインディゴブルーが定番色のグレーやブラックと良い相性だからです。

補色色相配色(コンプリメンタリー/ダイアード)

トライアド 色相環上で向かい合う2色の組み合わせで、ファッションでも最も基本的な色の組み合わせ方です。

はっきりとしたコントラストが生まれるので、2色を同じ割合で使用するのではなく、1色をベースカラーとして、その向かい合う色をアクセントカラーとして使うのをオススメします。また、補色同士の場合、直線上に黒と白が通るので、「黒」もしくは「白」を加えた3色使いにも展開できます。

類似色

類似色 色相環上で隣り合う3色を使います。特にファッションでは、季節感を出しやすい色の組み合わせです。

例えば、春・夏の場合、寒色である青系の色で揃えて、秋・冬の場合、暖色である赤系の色で揃えると巧く季節感を表現できます。ただし、3色とも同じ色合いに調節するのは非常に難しいので、脱オタでは1色を定番色に入れ替えるようにしましょう。

参考までに上級者向けの配色方法

以下は、配色理論では基本となりますが、ファッションで活用するには難しいです。参考までに紹介しますが、脱オタでは1色を「黒」「白」「グレー」などの定番色へ入れ替えて3色に抑えるようにしましょう。

3色配色(トライアド)

トライアド 色相環を3等分する正三角形のそれぞれの頂点にある3色配色。色相環上を正三角形にとるので、安定感のある配色になります。

ただし、ファッションでこの配色でコーディネートするのは上級者以上になってからなので、類似色と同様に1色を「黒」「白」「グレー」などの定番色と組む合わせて3色に抑えるようにしましょう。

分裂補色配色(スプリット・コンプリメント)

スプリットコンプリメント 1つ色を選び、その反対側の色(黄色を選択した場合は紺色)の両隣の2色を合わせる3色配色。簡単に言うと、「Y」になるように色を組み合わせる配色方法。

これも3色配色(トライアド)と同様、高度な技なので、1色を「黒」「白」「グレー」などの定番色と組む合わせて3色に抑えると無難です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加