【お洒落は足元から】には靴下も入っている事をお忘れなく!靴下の正しい選び方!

靴下はお洒落かどうかの重要な判断ポイント

「靴下なんて見えないから適当で大丈夫!」なんて思っている内は脱オタ出来ません。

靴下まで気を遣ったコーディネートが出来ているかどうかが、お洒落かそうじゃないかの大きな境目となります。全体の服装は良い感じなのに、ちらっと見えたソックスが白のハイソックスだと元も子もありません。そうならないように靴下の正しい選び方を学びましょう。
white-hi-socks

服装に合ったソックスの選び方

丈の長さによって靴下は大きく4種類に分けられます。

ハイソックス

革靴などのフォーマルな靴に合わせるのが基本となります。スーツやジャケパンスタイルの場合、ハイソックスを履きましょう。
全体的に落ち着いた印象を持たせるためにソックスも無難なデザインを選ぶと間違いないです。逆に、上級者は靴下だけポップでカラフルなデザインを選び、アクセントに使うケースもあります。

ショートソックス

くるぶしの少し上当たりの長さになり、ハイカットのスニーカーやチャッカブーツの上から少し顔が出る丈。
わざとローカットのスニーカーなどに合わせてソックスを魅せる上級テクもあるが、脱オタではハイカットやブーツに合わせれば良いという認識でOK!

アンクル(スニーカー)ソックス

くるぶしが見えるくらいの丈で、スニーカーソックスとも言います。

名前の通り、ローカットのスニーカーを履くときは基本この靴下を選びんでおけば間違いありません!

カバーソックス(ベリーショート)

靴を履くと靴下が見えない丈で、「ローファー」「スリッポン」「デッキシューズ」を履くときは、この靴下を選びましょう!

この3種類の靴は、靴下が見えるとダサイと見なされるので裸足で履く人が多かったですが、「裸足は嫌!」という人向けに開発された靴下です。

靴下の選び方

靴によってどの丈の靴下を履いたら良いか分かりました。次は、どんなデザインの靴下を選んだら良いかと簡単に紹介します。グレーやブラウンの靴下ばっかり履いている量産型とは、ここで差を付けましょう。

靴の色と靴下の色を合わせる

最もオススメな方法ですが、靴と同じ色に揃えると良いです。靴下まで気を遣っている事が分かる上、裏方に徹する方法で色数も増えないので、服のコーディネートに専念できます。

まずは靴の種類だけ靴下を揃える事から始めましょう。
socks

アクセントカラーと合わせる

アクセントカラーに合わせた靴下選びをするとお洒落度が一気にアップします。

この場合だと、赤のインナーに合わせて靴下も赤を合わせる事によって、アクセントがより際立って見えます。

お洒落の狙いが分かりやすいので、一般的にお洒落に気を遣っていると思われ受けが良いです。

慣れてきたら、靴下の色だけを外して、靴下のみをアクセントカラーとしてコーディネートする方法もあります。
socks

どこで靴下を買ったら良いか分からない!

ユニクロ、無印は低価格で無難なデザインが沢山あるので、まずは、そこで揃えましょう。他にもお洒落な靴下屋さんがあるので、いくつか紹介します。

socks Happy Socks

「デザイナーたち自身とまわりの友人たちをハッピーにする」というシンプルな目的で立ち上げられた Happy Socks (ハッピーソックス) 。

スウェーデン発ポップでカラフル、おしゃれな靴下ブランドです。靴下でアクセントつけるのにオススメです。

socks Tabio

タビオは「日本製」にこだわり、繊細な履き心地の靴下をつくるために、長年の経験と技術を積んできた日本の職人たちがひとつひとつ丁寧に編み立てています。

日本全国にフランチャイズ展開をしている「靴下屋」が有名で、奇抜なデザインというのはなく、機能性を重視したものとなっている。履き心地にこだわり抜いて作られた靴下であり、靴下を履いていることを忘れてしまうような「第2の皮膚」をイメージさせるくらい履き心地の良い靴下である点が特徴。

socks KEYUCA

靴下専門店はデザイン豊富だけど、値段が高い!そこで意外と穴場なのは、インテリアショップKEYUCAの靴下。

デザインはそこそこ良くて、よくセールをやっているので割安で手に入りやすいです。ユニクロや無印とは差を付けたい人は是非利用してみて下さい。

他にもセレクトショップのセールなどがオススメです!なぜなら、あんまり靴下まで気を遣う人が少ないので、セールで良いソックスが売れ残っている事が多いです。これからは靴下もチェックするようにしましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加